コラム
電磁波の健康被害
貴峰道へのお問い合わせ
お知らせ

ごしんじょう療法を行う治療院、施術所は全国各地にありますが、本療法は習得度によって治療効果に大きな差があります。中には高額の施術料を請求している施術所もありますが、貴峰道とは一切関係ありませんのでご注意ください。地方で施術を受けたい方は、必ず貴峰道にお問い合わせください。

コラム 続・超医療

貴峰道 > コラム 続・超医療

第37回 大人の発達障害〜記憶力と理解力が向上、営業成績が劇的アップ〜
第36回 ALS(筋委縮性側索硬化症)〜右半身の力が入らず成績不振、引退したスポーツ選手の劇的な回復〜
第35回 重症化した肝硬変と肝臓がん〜腹水、食道静脈瘤の破裂、意識障害…「死」の宣告から復活へ〜
第34回 ALS(筋委縮性側索硬化症、特定疾患・指定難病)〜病歴17年の医師、医学的に絶対あり得ない「回復」に驚嘆、「ごしんじょう療法を解明したい」〜
第33回 頚部ジストニア〜けいれん、不随意に動く首…「死にたい」ほど辛い症状が消え、薬も卒業〜
第32回 重度の高次脳機能障害〜医学的に説明できない回復の記録「愛は脳を活性化する」〜
第31回 高次脳機能障害〜記憶障害が著効し、てんかん発作軽減〜
第30回 乳がん〜「標準治療」せず、消失〜
第29回 舌がん〜リンパ転移で抗がん剤後にごしんじょう開始、「根治」へ〜
第28回 ジストニア〜体の中心が釣り上げられる緊張感と痛みが解消〜
第27回 医療の専門家に聞く〜治療家、縞太二鍼灸マッサージ師〜
第26回 イップス(局所性ジストニア)〜テニスのボール出しが戻った〜
第25回 ジストニア〜顎のこわばりで発音困難の声優、急速に快方へ〜
第24回 自律神経失調症〜多量の安定剤から解放された高校生〜
第23回 リウマチ〜劇的に改善し、療法師として豪州でGOSHINJO実践〜
第22回 小腸がん〜手術とごしんじょう療法で克服〜
第21回 乳がん〜手術、抗がん剤後からの治療、心身に奏功〜
第20回 電磁波過敏症〜めまい、難聴、片頭痛、白内障の症状が改善〜
第19回 網膜色素変性症〜視力低下を止め、目の不快感が解消〜
第18回 心不全その2〜心臓肥大と不整脈が正常に〜
第17回 花粉症
第16回 心不全〜心房細動による不整脈が洞調律に〜
第15回 ぜんそく〜1回の治療でステロイドが不要に〜
第14回 医療の専門家に聞く〜歯学博士、二宮明香医師〜
第13回 子宮頸がん〜ごしんじょう療法併用で、手術10日後に「完治」〜
第12回 医療の専門家に聞く〜産婦人科医、安田基医師〜
第11回 医療の専門家に聞く〜ごしんじょう療法を学ぶ鍼灸学校教員〜
第10回 病歴53年のアトピー性皮膚炎
第9回 食道がん〜治療の副作用を克服し、完全回復〜
第8回 一願不動で世界チャンピオンへ〜プロボクサー、嶋田雄大選手〜
第7回 医療の専門家に聞く〜日本ペインクリニック学会認定医・麻酔科専門医、松村浩道医師〜
第6回 家庭の中での病治し〜卵巣のう腫〜
第5回 椎間板ヘルニアと副睾丸炎の痛み
第4回 難治性の極度の痛み〜帯状疱疹後の三叉神経痛と激しい頭痛〜
第3回 乳がん〜統合医療と緩和ケア その2〜
第2回 乳がん〜統合医療と緩和ケア その1〜
第1回 スキルス性胃がんの症例報告

※このコラムは、ノンフィクションライターの久保田正子氏が執筆します。久保田氏は、産経新聞記者時代にごしんじょう療法の驚異的な臨床例と画期的な医学的理論を取材し、平成13年6月20、21日、産経新聞で「超医療〜『気』の流れが病を治す〜」という連載記事を執筆しました。産経新聞社退社後もごしんじょう療法と医療の問題を継続的に取材しており、「続・超医療」として、不定期にコラムを寄稿します。